« ただ今戻りました。続 勉強法について。 | トップページ | アナリストの喫茶店(^O^) »

時間価値?

こんにちは。月太です。

時間価値の概念をお話します。時間価値はタイムイズマネーであります。

みなさんの家にタンスはあるでしょうか?タンスの中に1000円札があるとします。この1000円札は1年経ってもそこにあり続ける限り、1000円札に変わりはありません。

これに対して、証券分析、ファイナンスの世界では必ず利息を付けてものごとを話します。1000円札を銀行に預けます。利息が1年で5%つくとすると、1年後には1050円になるわけです。これは1000円×5%=50円ともともとの1000円(これを元本といいます)を合計した1050円なのです。これが時間価値です。ファイナンスの世界では、現在と将来の話を「お金」で表現します。「お金」を現在も将来も同様の尺度(例えば1ドルと1円を比較するには1ドル=105円などと換算するのと同じです)するので、これを「金利」を使って同じ価値にするのです。

この例でいうと、時間価値を考慮しないのがタンスに1000円を入れておいた場合であり、時間価値を考慮するのが銀行に預け入れた場合です。

そこで、現在の1000円の価値は金利を5%とすると、1年という将来は1050円になるので、ファイナンスでは両者は同じ「価値」を持つということになります。

1050=1000+1000×5%=1000×(1+5%)

であり、現在の1000円は1年後に1050円になるので、両者は同じ「価値」を有することになります。また、逆に言えば、1年後に1050円は、1年前の現在においては1000円(1050÷(1+5%))と同じ価値になるのです。

では、タンスに預けていた1年後の1000円はどうなるのでしょうか?金利を5%とすると、先ほどと同様に1000÷(1+5%)=952.38・・・となります。したがって、現在の952.38・・・円が1年後の1000円と同じ価値になるのです。

時間価値の概念は、証券アナリストを合格するためには絶対必要な概念です。みなさんも今日から、コンビニやスーパーで物を買うたびに時間価値を考えてください。金利は5%と仮定しましょう。

例)

①今、カレーパンを100円で買う→お金が100円減る

②今日は我慢する→お腹がなる→現在は100円のキャッシュが残る→将来105円に
 なる→1年後にカレーパンを100円で買う→1年後はカレーパンと5円が残る

などなど。頭の体操です。今はわからなくても、現在と将来で掛け算や割り算して徐々になれていきましょう^^

|

« ただ今戻りました。続 勉強法について。 | トップページ | アナリストの喫茶店(^O^) »

証券アナリスト勉強法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間価値?:

» ■図形で脳トレ■ [ブログde脳トレ,証券アナリスト テキストの概要?]
Q. 次の図形アを右に180度回転させるとA〜Cの   どれになりますか。   (答えは【続きを読む】にあります) [続きを読む]

受信: 2008年1月29日 (火) 14時26分

« ただ今戻りました。続 勉強法について。 | トップページ | アナリストの喫茶店(^O^) »