« 証券アナリスト2次試験結果発表 | トップページ | 出張帰りです。 »

証券アナリスト2次試験結果発表

こんばんは。札幌からすみません。

証券アナリスト2次試験の結果はいかがでしたでしょうか?

某専門学校の公表によると、過去問を解いておけばかなり
のところまでいけるとのことでした。

実際、50%を得点率で切っていても合格しているみたいで
す。みなさんの動向が気になります。
2次試験受験生のみなさん。コメントをおまちしております。

それではまた。明日。

資格月太

|

« 証券アナリスト2次試験結果発表 | トップページ | 出張帰りです。 »

モチベーション向上宣言」カテゴリの記事

コメント

おかげさまで無事合格しました!

十分とは言えませんが、仕事に時間を奪われる中で必死に勉強したので、恥ずかしながら泣けました。

マジメな話、このブログと神様の温情のお陰と感謝しております。

投稿: かつちょ | 2008年7月30日 (水) 09時14分

はじめまして。直前に少し参考にさせていただきました。無事合格しました。
実務で携わる部分がある人間ですので他の受験者とはやや違うと思いますが、ひとつ参考になった点。
職業倫理は5条が肝だというお話が試験直前にあったと思いますが、これは全体を理解する上で大きな助けになりました。職業倫理の問題傾向が変わった場合を想定すると、こういう概念的な理解をしておくことは重要だと思います。
簡単ですが、御礼も兼ねまして。

投稿: | 2008年7月30日 (水) 14時34分

残念ながらダメでした・・・。
勉強のポイントがずれているかもしれません。もはや受かる気がしない、です。日頃実務は全く関係ない業務からの挑戦で本当に悔しいです。
皆様、どのような勉強をされたのでしょうか?行き詰まりの小生にアドバイス下さい。

投稿: 作蔵 | 2008年7月30日 (水) 23時33分

かつちょさん、名無しの権兵衛さん合格おめでとうございます。金融のプロとしてがんばってください。私は、実務の世界も日々勉強だと思っています。従いまして、証券アナリスト試験を合格したからといって勉強をやめるのではなく、さらに知識を深めていただければうれしいです。

作蔵さん、メールでも構いません。もしよろしければ、この1年間のスケジュール、勉強方法、勉強するのに意識した重点箇所、使用したテキスト、問題集、時間のとり方などをお教え願えないでしょうか。また、テキストや問題集などは、①読んだだけ、②問題を解いてすぐに分からなかったらすぐに解答を見てしまう、③頭に叩き込むくらい繰り返し勉強する、④本試験で出題された分野は見た瞬間すぐにテキストの該当ページが出てくるくらい暗記しているなど詳細にお願いします。

資格月太

投稿: 資格月太 | 2008年8月 3日 (日) 02時58分

資格月太 様

メールにて失礼致します。ご指導、大変恐縮です。

既に冷静に次に向かう気力で一杯、負けずに立ち向かいます。
不合格、ブログで書き込まれている通り、自己責任であるのは本当に納得です。
人一倍勉強量(質以前に)をこなすべき、でした。その点で厳しいご意見を敢
えていただければ幸いです。
非常にお恥ずかしい限りの内容であり、且つお忙しい中申し訳ありませんが宜しく
お願い致します。

【ヒストリー】
1.昨年6月試験不合格時
(1)教材
①TAC総まとめテキスト②TAC過去問

(2)勉強方法
過去問は少し考えて分からなければ解説を読む。1回転程度(分野によっては回らず)
ほぼ理解不十分のままでした。不明箇所を調べるすべも少なく、時間が掛かる割りに
理解進まず、でした。
3月頃から主に土日中心に勉強、思うように時間が取れずペースがつかめず終りました。

2.12月試験不合格時
(1)教材
8月に転勤し、9月後半からようやく勉強時間が取れるようになりました。
根本的に理解できていない部分が多く、よって使用教材を一新し、
①ABCリソーシスの基本テキスト3冊②過去問3冊
③同社の通信速習コース(直前総まとめ+過去問解説パック)④職業行為個別コース(テキスト・通信)
としました。

(2)勉強方法
DVD視聴を中心にして初めて理解できた箇所も多かったことから、自身の方法の限界も発見しました。
しかしながら、DVD視聴(全18枚・計50時間)に安心感を求めてしまい、過去問も1回程度で時間
切れでした。勉強方法は、やはり一度解答を考え記述、分からないものは解説を読むパターンでした。
平日は週2回程度1時間~2時間、週末は主に日曜晩2~3時間程度でした。

3.今年6月試験不合格時
2月不合格判明時からスタート、早めに上記教材を使うことを意識しました。
DVDをまず1度苦手な証券分析のデリバティブ・債券・株式分野はもう一度。
同時に過去問を最低でも1問/日、時間が無い場合はさっと見て解答解説を読むだけでも行いました。

ただ、統計分野は極めて苦手なまま、捨てを覚悟して相変わらず過去問・解答解説を眺める程度で本番でも
出来ませんでした・・。テキストは再度読み込みました。(苦手分野のみ2度)

【自分なりの総括】
●総花的にポイントを掴まず勉強してしまい、重要分野の債券・株式・デリバティブ・コーホ゜レートファイナンス分野
 が理解不十分のままと思います。
●勉強方法は①テキストを読む②DVD講義で補足③問題を読み、分からなければ解説を読む ④まとめ作成
 的に行っています。要領は良くない気がします。なお、過去問以外の問題は全くやっていません。

現在、不合格者に送られてくる資格学校の案内を見つつ、ABC教材を徹底理解するまで潰す or TACに変更
か、いずれも初歩コースからお金を掛けてでもやり直すか・・悩んでいます。名古屋在住につき通学はできません。
使用テキストは2007年コースのため、再度買い直すべきか、とも思っています。

過去問をこなすレベルが甘いのだと思われますが、こんな小生に厳しいアドバイス頂戴できれば幸いです。
勉強仲間も居らず、周囲に誰もこの資格を目指している人も居りません。
情報も少なく右往左往しておりましたが、ぴしっと一年間勉強して合格を勝ち取りたく思います。
有り難い事に家族の理解も得られており、断念する必要はありません。

月太さんとベースが違うかと思いますが、そもそもの勉強の進め方等、ご教示いただければ本当に有りがたいです。

諦めずに頑張ります。。

                                                作蔵

投稿: 作蔵 | 2008年8月25日 (月) 22時26分

こんにちは、作蔵さん。月太です。
出張と重なってしまいお返事が遅くなってしまいました。申し訳ございません。僭越ながらお答えします。
上記のコメントを拝見するかぎり、総花的な勉強方法が最大の欠点であると考えます。
ブログ上でも記載していますが、人間には限界があります。これは作蔵さんのみでなく、私も含めて証券アナリスト受験生のすべての方が同じです。東大生やハーバード生にも限界があるのです。
「総花的に学習を行う=全部を満遍なく勉強する」という図式がなりたちます。しかし、全部を勉強する必要はないのです。リスクに応じた勉強を心がける必要があります。証券分析でしたら、まず債券、株式、デリバティブを中心に行い、次にオルタナティブやアセットアロケーションに手を出すべきです。勉強は出題されたらみんなができるところを重点的に行い、そこを色濃く理解しておくのです。今回出題された行動ファイナンスは、今回の合否には全く影響はないと思います。次回の合否には多少影響あると思いますが、それでも債券、株式、デリバティブに比べたら重要性は格段に落ちるのです。
あらゆる資格の合格は皆ができるところを落とさないこと。これにつきます。
個別的には、既にお持ちのABCリソースの教材を徹底的につぶすべきだと思います。もちろん、新論点が入りますから、市販されているテキストで今回出題された部分の確認程度はしたほうがよいと思います。でもそれは確認程度。立ち読みで十分です。
私も会計士受験が長かったので気持ちが痛いほど分かります。一度失敗するとその教材が信用できなくなります。でも違うのです。理解が足りないのです。どの教材を利用しても同じです。ですから、既に書き込み等がなされている教材を繰り返し利用したほうが良いと思います。不安になることはありません。十分合格できる教材になっていると思いますよ。
あと、教材の使い方ですが、専門や通信は授業がついていますので、分からない点は聞く事ができる点メリットがあります。
そこで、利用方法ですが、DVDを全部見るのではなく、分からない分野だけ見てください。既に何回か勉強をしていますから、ゼロからのスタートではありません。そのため、分かっているところまでDVDで見てしまうと時間のロスです。
そして、過去問。すべてを理解する必要はありません。ただ、DVDやテキストで述べられている部分の過去問は重要性が高いです。逆に言うと過去問で重要性が高い部分がテキスト等に記載されているのです。ですから、過去問を解いて、テキストを見て載っていないところは、理解できればそれに越したことはありませんが、3回くらいパスしてください(一応解説は読んでくださいね)。その際、問題等に「難」などのマークをしておくと、次回に身構えることができます。5回転しても分からなければ多くの受験生がわかりませんから、パスしてください。
あと、過去問はしっかり学習してください。受験生の多くは過去問をしっかり学習してきます。ですから、過去問及びその周辺論点はみんなができると思ってよいでしょう(難問除く)。
最後に勉強は毎日の積み重ねです。15分でもよいので、ぜひ毎日勉強できるようにしてください。なぜなら、1週間に2回か3回2時間とれても前回の復習で終わってしまいます。理解が遅くなるのです。ですから、2時間くらい勉強できるときは新しい論点の勉強を行い、あまり時間がとれないときは徹底した復習ができるようにする必要があるでしょう。朝早く起きることはできませんか?お昼休みの少しでも良いのです。公式を財布に忍び込ませ、それを暗誦しても良いと思います。日々の努力が次の合格へ導いてくれると思います。
がんばってください。

資格月太

投稿: 資格月太 | 2008年8月28日 (木) 01時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券アナリスト2次試験結果発表:

« 証券アナリスト2次試験結果発表 | トップページ | 出張帰りです。 »