« 証券アナリスト2次試験結果発表 | トップページ | カキコ »

出張帰りです。

こんばんは。かきこが遅れてしまいました。深くお詫びします。

さて、まず証券アナリスト2次試験に合格された方、おめでとうございます。実務経験をつんで更なる進歩を遂げてください。証券アナリスト2次試験はあくまでイロハです。通過点に過ぎません。従いまして、是日々勉強であることを自覚してください。それは金融のプロとして・・・

次に、残念ながら証券アナリスト2次試験に不合格でありました皆様へかける言葉は、「再度挑戦」です。私も公認会計士試験を2度落ちています。しかも毎日12時間勉強して落ちました。1週間モノが食べられませんでした。でも私はめげませんでした。なぜでしょうか?

理由は簡単。「合格したかったから」。このブログで私は何度も書いています。「合格する順番は受かりたいと思う順番である」と。

また、他人のせいにしてはいけません。すべて自分が悪いのです。私は同情する言葉はかけません。同情しても不合格は不合格なのですから。不合格になった方は、自分に聞いてください。「落ち度はなかったか?」と。できる時間はすべてやりましたか?自分の限界にチャレンジしましたか?この問に対してやったと答えた方は自分に甘い方です。
いいですか?2次試験の勉強を5月からやりはじめて落ちましたと報告されても限界にチャレンジしていないのです。真に合格したいのであれもっと前から勉強すればよいのです。突き詰めれば、今から勉強するのです!それをしていないのに落ちましたどうにもなりませんというのは、自分に甘すぎます。本当に合格したいのであれば、不合格になった日から勉強をするものなのです。だって普通そんな人いないでしょう?だから、差を埋められるのです。

勉強方法は、過去問を人一倍とくこと。それをテキストに埋め込み、該当する箇所を理解すること。これを繰り返します。これが最低条件です。過去問がどのような内容が出題され、どのように解けばよいかが分かり、周辺箇所が分かれば最低限合格することができるのです。新論点が合格の鍵ではなく、過去に何度も出題された重要な箇所こそが、合格の鍵なのです。もちろん、プラスαとして問題集や通信テキストなどを学習するのも時間があればやるべきでしょう(但し、これは、60点の合格点で70点から80点にして、確実に合格するためのものです)。

私は不合格になった気持ちを100%理解できます。不合格になったことがあるから。でも、その経験は無駄ではありません。なぜなら、大きくなれるから。その失敗が、次の成功を生むのです。次は合格すると自分の心に強く強く刻み、その悔しさを忘れずに勉強してください。

日はまた昇ります。

ちなみに。直近だけでなく、自分の勉強の進捗状況や仕事の状況などをメールで頂ければ僭越ながらアドバイスができると思います。

資格月太

|

« 証券アナリスト2次試験結果発表 | トップページ | カキコ »

アナリストの喫茶店」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張帰りです。:

« 証券アナリスト2次試験結果発表 | トップページ | カキコ »