« ご無沙汰してます | トップページ | 経済!! »

はやいもので・・・

こんにちは。資格月太です。
はやいもので、証券アナリスト1次試験まで1箇月を切りました。
ほんとうに月日のたつのは早いですね。

そろそろ、証券アナリスト1次試験の勉強にエンジンをかける頃だと思います。
そこで、今回は1ヶ月の過ごし方を少し。
なお、ここでは、サラリーマンを想定してお話をします。そのため、お休みがなかなかと
れない方などはメール(sikakugetta@yahoo.co.jp)に個別にご相談ください。

10月の頭の試験までに暦上、9月6、7、13、14、15、20、21、23、27、28日及び10月4日と土曜日曜祝日が合計11日あります。そのため、家族サービスも重要ですが、ここはグッと1箇月合格だけを目指しましょう。この11日の使い方です(参考までに)。
様々な理由によりますが、11日は春のときよりも祝日2日ある分勉強時間が取れる可能性が高いです。そこで、このときに最低8時間くらいは勉強しましょう。ノルマを決めてください。1次試験は過去問を多く解いた者が合格する傾向にあると思います。そのため、8時間×11日の合計88時間勉強をすればかなりの確率で合格できると思います。但し、忘れないために復習の時間として、平日を充ててください。忙しいでしょうから1日受験科目を15分程度、思い出す作業をします(多い人はもっと勉強してください)。

このようにまず、使えそうな時間を計算します。そして、そこに受験科目をあてがいます。目次を見て、重要論点(過去のブログを参照してください)へまず多くの時間を割きます。その時間を目いっぱい使って勉強してはいけません。あくまでその時間内で勉強を終わらせるということです。ですから早いに越したことはありません。とにかく過去問を目いっぱい解いてください。

目標は今からだと5回転くらいでしょうか?実際、もっと早く始めている方は慢心せず、もっと多く解いてください。

ここで、上記の時間が取れない方。上記のように時間がある方はじっくり勉強できますから、モチベーションが続く限り勉強をして良いのですが、時間のない方はそうはいきません。ではどうすればよいのでしょうか?

勉強時間を絞ればよいのです。合格したいと強く思っていれば、時間の長短は関係ありません。時間は平等に24時間ですが、それぞれの事情により勉強時間がほとんど取れない方も多くいます。しかし、合格者は(これは会計士受験の経験ですが)えてして時間のない方なのです。それは、時間のある方が、余裕を持ちすぎて勉強中に過度に寝てみたり、コンビニに立ち読みに行ったり、パチンコにいったり(落ちたときの経験です(笑))することで注意が散漫となっているからです。あるいは「合格は受かればよい」程度の気持ちしかなかったりするからです。でも、本当に合格したい方は寝る間も惜しんで勉強をするので、短時間で効率的に頭に入ってくるのです。

そう。ここに合否の差があるのです。

資格月太

|

« ご無沙汰してます | トップページ | 経済!! »

モチベーション向上宣言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はやいもので・・・:

« ご無沙汰してます | トップページ | 経済!! »