« 隊長!!ただいま帰りました!! | トップページ | はろー »

証券アナリスト 2次試験 独学 勉強法 5ヶ月前

こんばんは。月太です。

久しぶりに証券アナリストの2次試験の勉強について書き込みたいと思います。

1月13日午前0時現在、2次の勉強法の検索ランキングが4位になっております。ということは、1月くらいから本格的にと考えている方が多いのでしょう。

もちろん、昨年度からコツコツと勉強をしている方も多いと思います。5ヶ月前からはじめる方は、1次試験の知識を復習しましょう。1次試験の知識は2次試験にも利用できます。というか、1次試験の知識が重要になります。

以前も書きましたが、2次試験の1つの特徴として、問題が異常なほど難しいということです。その結果、合格率が低いというなら超難関試験になってしまうのですが、合格率は比較的高いです。ということは、難しい問題の中に基礎的な問題が埋まっており、そこを確実に得点できれば合格できるということなのです。これは証券アナリスト試験のマジックでして、問題が難しいとどうしても、難しい方へ流れていきます。不合格になればなるほどです。しかし、それは間違えています。基本的な問題を着実にとるだけで合格できるのです。

話を戻すと、2次試験の中にも1次試験の知識で解答できるものも数問入っています。そこを間違えると致命的になることはなんとなくわかっていただけると思います。ですから、まったく勉強していなかった方は、ざっとでかまいませんから、証券分析、財務分析、経済の順で復習しましょう。

次に復習が1週間程度で終わったら、いよいよ2次試験の勉強を始めてください。まず始めるべきは証券分析です。これは過去問から一目瞭然ですね。圧倒的にシェアが高いですから、当然、時間を掛けるべきです。社会人の方ですと、一巡するのに1月いっぱいまでかかると思います。お忙しい方だともっとかかるかもしれません。次に財務分析です。最後に経済です。但し、前にもお話しましたが、経済は過去問を見ていただくと、資料からの分析問題など、時事問題的な要素が強いです。ですが、1次試験のレベルくらいの経済がわかれば、解ける問題があります。それで十分だと思います。経済は、日経新聞を読んでいる時間も勉強だと思ってください。それくらい予想が難しいと思います。経済にかけるなら証券分析に時間を割くべきでしょう。そして、何より職業倫理にかけるべきです。早い段階から職業倫理を知っておけば、あとが楽になります。ただし、最初に勉強すべきではありません。最初に勉強するのはあくまで証券分析だと思います。次に財務分析、そして、職業倫理、経済の順で勉強するとよいのではないでしょうか。

といっても、経済は全く勉強しなくていいのか、と思ってはいけません。1次試験や2次試験の最低限の知識はないと、経済がゼロ点になってしまう可能性がありますから。

ということで、みなさん、がんばってください。

資格月太

|

« 隊長!!ただいま帰りました!! | トップページ | はろー »

証券アナリスト勉強法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券アナリスト 2次試験 独学 勉強法 5ヶ月前:

« 隊長!!ただいま帰りました!! | トップページ | はろー »