« ま、まじっすか・・・ | トップページ | 中小企業診断士 合格発表 »

証券アナリスト 勉強法 3ヶ月前

こんばんは。

初めてのお方はお初です( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

今回は3ヶ月前の心得などを少々。もちろん、1次試験についてです。

証券アナリスト試験に限らず、すべての試験に共通することですが、まず、最初、どんな人でも知らないことがあります。それは、試験問題についてです。試験問題、それは試験委員(試験問題を出題する先生方)のメッセージです。証券アナリストの1次試験では、証券分析、財務分析、経済の3分野がありますが、それぞれの試験委員がそれぞれのメッセージを込めて問題を出題しています。このメッセージは、証券アナリストの難関試験を合格される方なら知っていてほしいと思う情報です。もちろん、1次試験と2次試験では格差があります。しかし、どちらにおいても、そのレベルにおいて知っていてほしいと思う情報なのです。もちろん、難しい2次試験レベルの問題が出題されることもあります。でも、それは2次試験では知っていなければならないでしょ!的な情報なのです。

ということは・・・。時代時代の試験委員がいますが、結局はある一定のレベルに収斂しています。一定のレベル。それは過去問のレベルということになります。

単純に過去問を解けというのは簡単です。ですが、過去問の重要性を分かって解くのと分からないで解くのでは雲泥の差があります。過去問=試験委員のメッセージと考えると過去問の重要性を分かっていただけるのではないでしょうか?

特に1次試験の場合、類似する問題が出題されます。そのため、1次試験の過去問が理解されていれば、本試験の1次試験も解けることになるのです。

もちろん、過去問だけではなく、他の問題集を解いてもかまいません。しかし!!

Σ(゚д゚lll)アブナッ !

過去問を解いていないのに問題集を解き始めるのは順序が逆です。

過去問は、試験委員のメッセージ、理解をするための材料、出題傾向、そしてなにより分野別の頻出情報があります。闇雲にあまり出題されない分野をやっても合格には遠くなる一方です。

3ヶ月前です。

一度、テキストを読み、その分野の過去問を解いてみてください。

科目の順番は、①証券分析、②財務分析、③経済の順番ですかね~。一括で狙う方ですが。。。もちろん、順番は問いません。ですが、1次試験のボリュームや得点比率などを加味すると①は最初が良いと思います。ただ、得意な順にやるのも良いと思います。

科目狙いの方は得意な科目から狙って行くほうがよいでしょう。なぜなら、一つ合格すれば、おのずと苦手な科目も勉強したくなるからです。もったいないお化けが出るからですね( ̄ー ̄)ニヤリ

とりあえず、1月中はとにかく1回転を目標にがんばりましょう!!

資格月太

|

« ま、まじっすか・・・ | トップページ | 中小企業診断士 合格発表 »

証券アナリスト勉強法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券アナリスト 勉強法 3ヶ月前:

« ま、まじっすか・・・ | トップページ | 中小企業診断士 合格発表 »