« 証券アナリスト 勉強法 独学について② | トップページ | ギガ!! »

証券アナリスト 勉強法 独学について③

こんばんは。続きです。

1次試験 独学 経済編

 経済については、ブログの「証券アナリスト勉強法 経済」でご紹介した市販されているテキストをまず一読することをお勧めします。証券アナリストでは主としてマクロ経済学が出題されますから、時間のない方はマクロだけでも一読ください。

 経済は、財市場、貨幣市場、IS-LM分析、労働市場、AD-AS分析、国際マクロ、その他に区分されます。特に重要なのは最初の3つです。経済学を学ぶときは全体から各個別にブレイクダウンしていくとわかりやすいのですが、個別に積み上げて全体を見ようとすると、全体がわかるまでチンプンカンプンなのです。先に挙げた分野も実は積み上げになっています。ざっくり言うと、財市場と貨幣市場の個々の出来事をIS-LM分析で一緒にするとどうなるでしょ~?みたいな感じです。IS-LM分析に労働市場入れたらどうなるでしょ~が、AD-AS分析です。

 この全体像が見えると個々の分野がそれほど怖くなくなります。しかも応用問題が来ても全体が見えていますから大したことありません。分かってしまえば間違えることが少ない学問なのです。しかし!!分からないと完膚なきまで間違えます。ですから、全体像がわかる本を読んでから過去問やアナリストのテキストを読むと良いと思うのです。

 なお、過去問の解き方は証券分析と同様です。

資格月太

|

« 証券アナリスト 勉強法 独学について② | トップページ | ギガ!! »

証券アナリスト勉強法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券アナリスト 勉強法 独学について③:

« 証券アナリスト 勉強法 独学について② | トップページ | ギガ!! »