« くるしいっす・・・ | トップページ | 公園会のお知らせ »

財務分析の覚え方!?

こんにちは。月太です。財務分析の指標の覚え方でしょうか。ランキングされてますね~。

財務分析は人それぞれの覚え方があると思いますが、私はカテゴリ別に覚えました。

①収益性分析

②安全性分析

③生産性分析

④成長性分析

⑤キャッシュ・フロー分析

の5つです。まず、それぞれの意味を捉えます。①は収益性ですから、元手(資本)を使ってどれくらいの果実(利益)が生まれたかを考える指標です。そのため、基本はROI(利益/資本)がベースになり、分母の資本をどのような資本として捉えるかによって利益が決定されます。また、この資本利益率を分解して、売上利益率と回転率に分かれますから、両社も収益性分析に当たることになります。なお、回転率と回転期間は分子分母が逆になりますので、回転率だけを覚えて、あとは逆として覚えておくと良いと思います。

②の安全性は企業が倒産しないかどうかの指標です。そのため、基本的にはストック、つまり、貸借対照表ベースで考えることになります。貸借対照表を資産、負債、資本に区分したとき、資本が高い方が、資産が高い方がより安全になります。また、資産が入っている比率、例えば流動比率などは必ず分子が資産になります(流動資産/流動負債)。なお、注意が必要なのは負債比率です。自己資本比率が自己資本/総資本なのに対し、負債比率は負債/自己資本だからです。

③生産性は付加価値のみです。付加価値の構成要素の6つ(経済省方式)をまず頭に叩き込み、それを中心に各指標を覚えて行きます。なお、付加価値は、ヒト、モノ(固定資産)、カネ(利息、税金など)を中心に決定してます。また、さまざまな方式がありますが、まずは経済省方式を覚えましょう。

④成長性分析は当期と前期の指標を比べるのが主です。例えば売上高成長率は、(当期-前期)/前期×100として計算します。ここで、注意が必要なのは分母です。前期からの成長を見る指標ですから、前期を基準としなければなりません。したがって、分母は当期ではなく前期なのです。

⑤キャッシュ・フローは、キャッシュ・フロー計算書を学習した後に勉強すると効率的です。もちろん、安全性分析と一緒に学習するのも良いと思います。

以上でしょうか。

なんとなく、私がアナリストや診断士のときに意識した箇所を羅列してみました。何かわからないことがあればコメントください。網羅的に覚えたわけではないことはご了承ください。

資格月太

|

« くるしいっす・・・ | トップページ | 公園会のお知らせ »

証券アナリスト勉強法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財務分析の覚え方!?:

« くるしいっす・・・ | トップページ | 公園会のお知らせ »