« いってきますた | トップページ | 証券アナリストの件 »

あれから1月が経ちました

こんにちは。月太です。

本日、ちょうど情報セキュリティ試験から1カ月が経ちました。

やはり、自分なりにかなり勉強をしたと思ったせいか、夢で見ます・・・

不合格の・・・

会計士試験のときと同じです。

自分なり勉強した、がんばった、と思っているのだと思います。心の底で。

いまだに午後Ⅰの選択ミスやら、午後Ⅱの書き方などを悔やむ毎日です・・・

気が沈むとなぜ、あの場で○○と気がつかなかったのかなどと後悔するのです。

ただ、不思議なのは、情報処理試験を受験している人は、落ちて当たり前的な顔をしています。ま、今回は運が悪かったなどと言うのです。

本当にそうでしょうか?

今回私の最大のミスは、自分の作成したサブノートを完璧に頭に入れなかったことです。書いてあるはずの論点が思い出せなかったことに敗因があります。

もちろん、論述試験で全く想定外の論点が出題されたら太刀打ちできないのはシステムアナリストで学習しております。しかし、想定外を想定内にするように考えるのも勉強だと思うのです。

まだ勉強を再開するほど余裕がありません。心も体も。でも、必ず復活します。

ということで、受験生の皆さまは後悔のないよう勉強に勤しんでください。応援しております。

資格月太

|

« いってきますた | トップページ | 証券アナリストの件 »

モチベーション向上宣言」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。KKです。内容拝見させて頂きました。身体的肉体的に辛そうな状況だと推察いたします。ただ月太先生の事ですからきっと復活して合格までたどり着く事を信じています!

私の方も来る9月26日の証アナ経済1次の完全合格を目指して頑張っております。今週中には基本講義のDVDを見終わるため来週からは過去問を中心に演習に入る予定です。やはり確実に合格したいですから残り4ヶ月も時間があるじゃんという事でなく4ヶ月しかないという意識でやっています。

月太先生も述べられていますが試験場に行くと落ちて当たり前という様な方々は結構見受けられます。私は社会人になって24歳の時に米国公認会計士を取りました。受験州はハワイでしたが現地トラブルがあったときに対応できるかどうか不安だったので予備校主催の受験パックツアーに申し込みました。確か22万円くらい(滅茶苦茶高いですね;)だったかと思います。当然ツアーですので見ず知らずの受験生の方とお話する機会があったのですが、話を聞いている限り受験というよりはハワイに観光しにでも来てるんじゃないかと言う様な雰囲気の方も多々おられました。勿論確実に合格するという気迫をもって望んでいる方もいましたが。

当時はコンピュータ試験ではなく筆記試験で全科目一括受験、受験月も5月と11月の年2回しかなく社会人である限りは会社に理解を得て有給もらわない限り受けるのが困難でした。現在は自分の都合の付く日程で1科目ずつ受けられるという社会人にとってはかなり便利なものになっています。

当時は半年に1回しか受けられない試験で渡航費用も工学なのに受験して何の成果も出さずに帰国してもなんとも思わないのかなぁと疑問に思ったのですが、結局試験に対する意気込みは人それぞれ、要は自分が合格すれば良いというだけの事と思って試験に望んだ記憶がよみがえります。

なんだかとても長い文章になってしまいました。兎に角私も9月で経済を合格し、来年6月に確実に2次に受かるように努力したいと思いますのでこれからも宜しくお願いいたします。

追記
5月15日(土)は還暦お祝いで池袋にいらっしゃったのですね。私はその日は原宿の代々木公園で行われていたタイフェスティバルにいってました。池袋経由で山手線に乗り換えたのでもしかしたらすれ違っていたかもしれませんねw

それでは~                KK

投稿: KK | 2010年5月19日 (水) 01時39分

こんにちは。KK様。月太です。

そうですかぁ。米国CPAをお持ちですか。米国CPAは受験料も高いですものね。私も一度ならず二度三度、資料だけは読むのですが、どうにも受験料が高いことがネックでして、決裁がおりません。。。

また、ハワイですと、やはり観光客が多いのでモチベーションを維持するのは相当至難の業だったのではないかと思います。やはり、何がなんでも合格するんだという気持ちは大切ですよね。共感していただき恐縮です。

kk様も9月の経済、来年の2次とがんばってくださいね!!応援しております。

資格月太

投稿: 資格月太 | 2010年5月20日 (木) 18時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから1月が経ちました:

« いってきますた | トップページ | 証券アナリストの件 »