« 証券アナリスト 2次試験 コメントの募集 | トップページ | もうやだ・・・ »

証券アナリスト 2次試験

こんにちは。月太です。

いかがお過ごしでしょうか?いよいよ証券アナリスト2次試験も佳境に入りがっつり勉強をしていらっしゃるのかなぁと思います。

最近の私はまた落胆事件が勃発しまして・・・

内容としてはかなり死活問題なので勘弁していただきたいのですが、とにかく落胆、落石、落書き事件なのです・・・

(´Д⊂グスン

(´・ω・`)ショボーン

2次試験の勉強をしていたとき、過去問の回転(証券分析だけですが)が3、4回転になったくらいでしょうか。なんとなく見えてきたのは。それまでは全く受かる気もしなければ、何をやっていいかもわからなかった記憶があります。

証券分析をやりこむとある種のパターンに見えてきます。覚えているところですと、

リスク分散 → ポートフォリオ

これがかなり頻繁に広範囲にわたっております。これだけを書けば、な~んだ大したことないなぁと思うかもしれません。

証券分析でお悩みの方は、上記の視点で一度テキストなどに付箋を貼ってみてください。結構いろんな分野でお目にかかりますよ。ということは、付箋の箇所はリスク分散といえばポートフォリオ的な感じで文章を書いてくればよいということになるわけです。

他にも配当割引モデルやキャッシュ・フロー・モデルなどの考え方は、いわゆるコンソル債を由来としていますので、○○資産の評価などはこの考え方でまとまっています。債券価格もしかりです。

このように証券分析のみをずーと勉強したせいか、ある種のパターンが見えてくれば怖いものはありません。実際、デリバティブなどはゼロだったと思いますが(なんか書きましたが)、他の問題は結構とれている自信があります(もちろん、証券分析のみですが)。

この「ある種のパターン」が見えるまで学習するとよいと思いますよ。

もちろん、私見ですが。

資格月太

|

« 証券アナリスト 2次試験 コメントの募集 | トップページ | もうやだ・・・ »

証券アナリスト勉強法」カテゴリの記事

コメント

月太さん
パターン、、、そうですね。
僕の印象に残っているものは、【取引コスト】【エージェンシーコスト】【感応度】ですね。理由を問われる問題では特に、取引コストを挙げればたいがい大丈夫(笑) 

投稿: を~ | 2010年5月15日 (土) 01時14分

を~様。こんにちは。月太です。

証券アナリストは非常に高度な問題ですので、全てをパターン化はできないですよね~。しかし、ある種の問題ではキーワードを記載していれば満点でなくても6、7点は得点できると思われます。

会計士の受験をしていたときも同様でしたが、記述式の問題はキーワードが非常に重要で、そのキーワードが入るかどうかで得点差が開くと思われます(試験委員の先生から聴取)。

証券アナリスト2次試験も同様にキーワードが重要となるので、を~様がおっしゃられますように3つのキーワードが文章中に入っているかどうかが重要となりますよね。

2次試験受験のみなさんがどのような学習をしているか定かではありませんが、多かれ少なかれ同じような道を歩いて合格すると思います。

引き続き、証券アナリスト2次試験の受験生の皆さまの応援をよろしくお願いします。

資格月太

投稿: 資格月太 | 2010年5月15日 (土) 08時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券アナリスト 2次試験:

« 証券アナリスト 2次試験 コメントの募集 | トップページ | もうやだ・・・ »