« お久しぶりです。 | トップページ | 証券アナリスト 2次試験 コメントの募集 »

今日は心の底から・・・

仕事したくありません(笑)

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

↑こんな感じの表情してます・・・

そのため、マヒなのでブログランキングの資格カテゴリを見ました。すると、やたらと目にするのは「最速」やら「一発」のタイトルです。

しかも宅建が多いこと多いこと。確かに私も宅建のブログを当ブログとは別に立てたこともあるので人のこといえませんが(笑)

批判するつもりはありませんし、対抗する気もないのですが、ただ気になるのは、「最速」とか「一発」とかは人それぞれじゃないかということです。

専門学校の一つの技としては、人間の心理をうまく利用する点にあります。

ブログも同じなのでしょうけど、中身をみると、あれをやればよいとか、これをやればよいとか、云々カンヌン・・・

これだけは違うと言いきれます。

資格に合格するというのは、勉強の方法が重要なのではありません。気持ちが重要なのです。その気持ちは

「何が何でも合格する」

ということです。勉強の方法は人それぞれ頭の構造が違うのですから、押しつけても仕方ありません。私は必ず、こうしましたはいいますし、こうした方がいいともいいます。しかし、こうしなさいは言いません。

最速やら一発はあなたならできたかもしれません。しかし、勉強時間がない、お金を稼がなければならない等々みんないろんな生活環境があっての話です。

だから、一発合格にこだわる必要は全くありません。今、現在、できる全てのことをやり、全力で資格試験にぶつかっていったのでしたら、それで不合格でもよいのです。ただし、次は絶対合格するという気持ちが重要だと思います。

メソッドならいくらでもお伝えできます。しかし、それを逐一全範囲をブログに書くことはできません。コメントを頂ければそれに対してコメントをお返しします。

ということで、ちょっと、勘違いしてしまう方が多いのかなと懸念したので、ちょこっと書いてみました。

ローマの道は一日にしてならず。

資格の道は楽にしてならず。

もじってみました。

資格月太

|

« お久しぶりです。 | トップページ | 証券アナリスト 2次試験 コメントの募集 »

モチベーション向上宣言」カテゴリの記事

コメント

KKです。お仕事お疲れ様です。日曜も出勤されているということは財務報告プロセスに係わる内部統制監査の真っ最中なのでしょうかね?私自身も去年はGW返上で自分の担当している業務の財務報告プロセスが内部統制3点セットに基づいているかどうかの監査対応のため出勤していました。(ちなみに主担当は連結CFの作成及び分析です。連結CFは本当に連結経理部でも理解している人と???マークが着く人の2極分化ですね。他にも色々担当していますが個人的に連結経理の要は資本連結と連結CFだと思っています。)今年はGW中の出勤は無いのですが、これから会社法決算あり(連結CF作成は無いので幸いですが株主の想定問答集の作成などの業務があります)、次は有価証券報告書の作成ありと中々重たい業務が待ち受けております・・。そして有報作成後はすぐに第1四半期決算ですね。(∩゜д゜)アーアー考えたくない。
さて月太先生の言われるとおり「最速」、「らくらく」、「一発」とかいう表題を掲げているブログが多いですねぇ。確かに受験生心理から言うと一発合格できるに越したことは無いし、専門学校の講師も自分についてくれば大丈夫ですよという講座への誘導も含めてそういう表題にしているのはわかりますが、それに捕われる必要は全くありませんね。要は合格したいんだという気持ちをもって粘り強く挑むという姿勢が重要ではないでしょうかね。それは実務にも言えるはずです。特に実務では何が正解かなんて正直解らないことの連続です。監査六法を紐解きASBJの実務指針やらを見て何度も考えてこうじゃないか?という結論にはいたりますが、会計監査人と協議して双方のコンセンサスを取って裏づけを取ります。その為には協議できるだけの会計理論を身に着けておく必要がありますね。私みたいに地頭の良くない者は特にかく粘って考えて布団の中でも悩んでなんとか乗り切っています。
さて話を証アナに戻しますと今回専門学校に58,900円もの大金を払って経済学を受講したのは必ず元を取ってやる、その為には必ず合格してやるという決意の現われでした。別に独学でもいけるかもしれませんが自分にプレッシャーをかけて追い込むために専門学校の利用に至りました。
要は資格試験の大半は粘った者勝ちだと思っています。(一部の地頭がものすごい人は除きますが)また自分の知らない知識を習得していくのは本当に楽しいです。
中々長くなってしまいますが資格に王道なんて無くて自分の能力を知りそれにあった勉強報方法を模索して継続していけば結果は必ずついてくるんだという気持ちをもって資格試験に臨めばいいという考え方です。
以上乱筆乱文且つ長文で申し訳ありませんが今後も宜しくお願いいたします。さて明日も経済学の勉強頑張るぞ!勉強できる環境にある状況に本当に感謝です。日々是精進
いつかこの努力が実ることを願って今日は終わりとさせていただきます。それではまた! KK

投稿: KK | 2010年5月 3日 (月) 00時45分

KK様。こんにちは。月太です。
KK様はお忙しそうですね~。しかも、相当に大手の企業にお勤めなのですね。
連結キャッシュをご担当でございますか。通常の単体のキャッシュと比べると、連結そのものの概念がわかっていないと連結キャッシュはわからないですから、難しいですよね。
たまに私もこんがらがってしまうので、図示したりします(笑)。

また、専門学校の一つの利用として、お金を払うという行為は自己へのコミットとしては重要になりますね。しかも、59千円もの大金ですからね。
私も試験日次第で鑑定士を狙おうと思っているのですが、kk様と同様の効果を狙って専門学校を利用しようと思っています。

最後に昨日は短信のドラフトを見ていました。電卓をたたいていると目がショボショボしてきてしまって、疲れ果てました(笑)。

今日もいい天気にも関わらずパソコンに向かっています。基本的に仕事が大嫌いなので、必要最低限の仕事のみを追求している今日この頃です。

経済学の勉強がんばってください。私も仕事が一区切りしたら、勉強を再開します。
お互い日々精進ですね!!

資格月太

投稿: 資格月太 | 2010年5月 3日 (月) 15時14分

KKです。短信ドラフトのチェックだったのですねお疲れ様です。確かにあれはチェックマークをつけて数字に問題が無いかどうかという検証作業を行って定規を各勘定に当てて数字に間違いが無いか検算するので目がショボショボしますし、なんか眠たくなってあれどこまでチェックしたっけなんてことがあります。

一応弊社は4月下旬に短信は発表しています。(具体的に言うと会社名が解ってしまうので日にちは割愛させていただきますがw)
IRカレンダーを見ると他社さんは来週明けに発表のところが多いですね。という事は皆さんGW返上で作成に取り掛かられているのでしょうね
。本当にお疲れ様です。

月太先生に連結CFの作成が云々と申しあげるのは大変恐縮ですが、連結CFの難しいところは「通常の会計の仕訳」を理解し、それがどの様に会計システムに反映され、「CF仕訳」としてアウトプットされるかという所を理解していないと作成できない点ですね。

実務的な話になって恐縮ですが、原則法で連結CFを作成する前に連結BSが一旦確定したら簡便法で一旦連結CFを作成して、そこに為替の調整やら非キャッシュ項目間の振替で大きく影響を与えているようなCFインパクトを排除して大体の目安で原則法で作成したら各活動別のCFはこれ位の金額になるんじゃないかという予想を立ててから本番の連結CFを作成しています。
ここで簡便法で事前に作成したCFと原則法で作成したCFで差が大きいと何故だぁというような感じで原因を調査していきます。特に営業CFの分析が一番厄介ですね。いつもドキドキしながら作成しています・・。(心臓に悪いです。)
他社さんはどういう風に作成されているのかなぁなんて気になってしまいますね。

資格の話に戻りますが月太先生も不動産鑑定士という超難関資格を狙われるとの事、本当にすごいなぁと思わされます。
これからもこちらのブログをカンフル剤としてモチベをあげていきたいと思いますよ! KK

投稿: KK | 2010年5月 3日 (月) 18時22分

KK様。こんにちは。月太です。

コメントが遅れてしまいまして申し訳ございません。

キャッシュを合わせるのは難関ですよね。私のが短信を見ていた会社は簡便法でやっていますので、ほとんどエクセルですね。でも、必ずといってよいほど、最後のCFのチェックでミスが見つかります。会計上の仕訳の・・・
そこがキャッシュの良いところなんですけどね(笑)

仕事はちょびっとやって資格に邁進したいと思います。

お休みのところアクセスしていただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

資格月太

投稿: 資格月太 | 2010年5月 5日 (水) 16時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は心の底から・・・:

» 衛生管理者の資格 [衛生管理者の資格は難しいのか]
衛生管理者に関するサイト [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 13時41分

« お久しぶりです。 | トップページ | 証券アナリスト 2次試験 コメントの募集 »