« 親友が^^ | トップページ | みなさんのお力をお借りしたいのですが・・・ »

証券アナリスト 2次試験について

こんにちは。月太です。

2次試験のアンケートにご協力頂き誠にありがとうございます。

多くのみなさまのアンケート結果を拝見すると、さすがにアナリスト2次試験は難しいなぁという印象です。全体として、4割から6割くらいの出来の方が多いようですね。

ボーダーもそのあたりになりそうですね。ただ、合格率がどのくらいになるかにもよるとは思います。さらに、前にもお話ししましたが、比較的本ブログを御覧の皆様のレベルが全受験生の中でも高いと思われますので、5割くらいできればかなり高い確率で合格している印象です。

もちろん、私見ですので、発表を見ないとわかりません。私も合格できていないかなぁと思って合格しているときもあったので、手ごたえが悪い方でも合否が出るまでは期待しましょう!!

かくいう私も実は情報セキュリティを期待してます( ̄ー+ ̄)

不合格は確実かなぁと思っていますが(出来があまりにわるいため)、合否は出てみないとわかりませんからね^^特に論文形式の試験はなにか書いてあれば点数をくれたりしますので。試験委員によりますけどね^^

来年度受験される方も、アンケートなどを参考にしていただけると、来年度につながると思います。

資格月太

|

« 親友が^^ | トップページ | みなさんのお力をお借りしたいのですが・・・ »

証券アナリスト勉強法」カテゴリの記事

コメント

月太さん

こんにちは。はじめてコメントします。月太さんのブログにはいつも勇気をもらってます。本当に感謝です。実は、私も先日アナリスト2次試験を受けてまいりました。1日1回は月太さんのブログを拝見し、試験に備えておりました(笑)自分が持っている全ては出し切ったと思います。いい結果がもらえたら嬉しいです。
さて、今後の資格取得計画につき、この場をお借りするのは失礼かとも思いましたが、是非ご相談できたらと思い、コメントさせて頂きました。現在、28歳で事業会社の経営企画セクションで勤務しております。この度、アナリストに受かったならば、公認会計士取得を考えております。仮に31歳前後で公認会計士試験に合格した場合に、監査法人への転職は厳しいでしょうか?税理士の方が現実的でしょうか?

お答え頂ける範囲で構いませんので、ご教授頂ければ幸いです。長文すみませんでした。

よし

投稿: よし | 2010年6月11日 (金) 10時29分

こんにちは。よし様。はじめまして。月太です。
お返事が遅くなり申し訳ございません。

公認会計士の取得をお考えですね。不躾で恐縮ですが、公認会計士試験を会社にお勤めのまま目指すのでしょうか?それともおやめになり目指すのでしょうか?会社勤めのまま勉強するのと一度おやめになり勉強するのとでは大きく異なります。

現在の公認会計士試験は短答式試験(択一式で100問)と論文式試験(5科目)に区分されます。短答式試験は年2回になりましたが、まず、この短答式試験を突破するのがかなり至難の業です。当初はこの短答式試験を合格することが目標になると思います。短答式試験を合格すれば論文式試験が3回受験できますので、その間に合格するという形です。もちろん、一括で短答式も論文式も合格することは可能だと思いますが、よほど効率的にやらないと厳しいと思います。

公認会計士試験は計算科目といわれるものが存在します。いわゆる簿記(財務会計計算)、管理会計、租税法、経営学のファイナンスの分野です。租税法以外は証券アナリスト試験で被る分野ではありますが、優位性を保てるのは経営学のファイナンスのみです。他はより深い深い勉強が必要になります(なお、選択科目として経営学以外に経済、民法、統計学があります。理系の方でしたらが統計学もありだと思います)。
そのため、勉強平均時間は個人差がありますが1800時間から2000時間くらい(年間)になると思います。従いまして、会社勤めのまま行うのはよほど強い意志をもって邁進しない限り厳しい試験です。生半可な気持ちで参戦してしまうと取り返しのつかないことになる可能性のある試験です。

夏の試験(短答式と論文式)を合格し、実務経験2年、実務補習を2年で晴れて公認会計士に登録できます。ただし、現在は実務補習所で卒業試験があります。俗にいう統一考査といわれるものです。合格率は夏の試験に比べはるかに高い70%前後ですが、また、3年後くらいに勉強しないといけないわけです。

また、よし様が懸念されてます監査法人への就職ですが、監査法人への採用は景気動向に左右されます。景気がよく監査法人のクライアント先の業績がよければそれだけ仕事が増えるため採用が増えます。しかし、現在では不況であるので採用を極力したくないというのが本音です。採用しないでよいのなら採用しないという方針なのです。
ただ、3年後は景気が回復していると思いますので、就職状況は良いと思います。また、よし様の場合、就職経験がありますから、大学から無職で就職するよりは就職しやすいと思います(ただし現在の状況では若返りを図っているらしく、厳しい監査法人もあるようです)。

なお、現在、試験制度自体の見直しを検討しています。よし様は3年計画だと思われますが、その間に試験制度自体が変わる可能性があります。現状、言われているのは夏の試験(短答式と論文式)を短答式に一本化し、統一考査を難しくするという案が出ているようです。来年の通常国会で通過する可能性もあるので、試験制度の動向を見ながら意思決定を行った方がよいと思います。

税理士試験については、科目合格制ですので就職しながら勉強ができるメリットがあります。しかし、会計士のように独占(監査業務)業務がないので過当競争が厳しいのが実情です。将来独立をお考えならば、税務のみでなく自分の得意分野をもうひとつ作るということが必要だと思います。

長文になって恐縮ですが、現状、私が知りうる知識です。細かいことは記載しておりませんが、会計士にしろ税理士にしろ意思決定され次第、コメント頂ければ、その時点で知りうる情報をお伝えします。

がんばってください。

資格月太

投稿: 資格月太 | 2010年6月12日 (土) 12時31分

月太さん

こんばんは。すぐのご返信ありがとうございます。しかも試験制度改定にまで触れて下さり、非常にご丁寧なアドバイスに感謝しております。
この土日でいろいろ考えましたが、いまひとつ結論が出ないので、焦って答えを出そうとせず、少しの期間、考えずに過ごしてみようと思います。何分、働きながら勉強することを前提としていますので、意思決定は慎重にしようと思いました。
幸いにも、月太さんのブログには様々な試験について書いてくださっているので、いろいろとじっくり拝見させて頂こうかと思います。
奥様の件、お役に立てそうもなく、申し訳ございません。そのような状況の中にも関わらず、コメントをくださった月太さんに心より感謝申し上げます。

よし

投稿: よし | 2010年6月14日 (月) 20時09分

よし様。こんばんは。月太です。

働きながらとお考えですね^^少ないですが、私の周りにも働きながら公認会計士、税理士を取得した方がおります(会計士は、平成19、20年は合格率が高い年だったので結構いました)。

ただ、資格試験全般に言えることですが、特に難関試験といわれる試験は2つの出口が強調されます。

①合格して終わる
②あきらめて終わる

この2つしかありません。私の勉強仲間は②で終えた者はいませんでした。遅かれ早かれ①で試験勉強を終えています。これはもちろん、最後までやりきったということもあるのですが、②の選択肢を選べなかったのも事実なのです。つまり、撤退障壁が高い試験なのです。
そのため、働きながら目指すのであれば以下のことをお考えになってからのほうがいいのかなと思います。もちろん、私見ですので、無視いただいても結構です。

①金銭面
第一にこれがきます。独学は相当至難だと思われますので、専門学校に通うあるいは通信をとることを前提にお話しますが、資金計画を十分に練る必要があると思います。

②メンタル面
基本的に自己管理しなければなりません。もちろん、当ブログにコメント頂ければお答えしますが、対面ではないので、十分にケアができるとは限りません。そのため、セルフコントロールを行う必要があると思います。特に会計士試験の勉強時間が他の資格試験とは違うので、その分、試験会場でのプレッシャーが異質に感じると思います。メンタル面のケアをどうするかをいろいろ考えておいたほうが良いと思います。

③ライフプランとして
不躾で恐縮ですが、よし様のライフプランの中での資格の位置づけを明確にしたほうが良いと思います。なぜとりたいか。独立したいなどなどです。これが不明確で単純に「大きな資格を」と思うのは余りに危ない考え方です。私の知り合いには10年以上かかっている者もいますから。
また、ご結婚などの人生のイベントの時期等(ご結婚されていればご家族の方の支援等)も含めた形で、お考えになる必要があると思います。

さしあたり3つの点でしょうか。細かい点をあげればまだあるのですが、最低限3つは考える必要があると思います。特に③が重要です。おそらく土日祝日などのお休みはすべて勉強に当てなければならなくなります。その点で、ご家族などに大なり小なり影響があるかもしれませんので、ご家族の皆様にご協力していただく、体制作りが必要になると思います。

じっくりとお考えになり、その結果、会計士あるいは税理士に参戦すると決定した場合にはコメントを頂ければ幸いです。より入り込んだコメントをご送信いたします^^

資格月太

投稿: 資格月太 | 2010年6月14日 (月) 23時12分

月太さん

こんにちは。
いつもメッセージありがとうございます^^
恥ずかしながら、私まだ簿記を取得しておりません。。。ですので、まずは11月の3級・2級を取得してからその後のプランを考えようと思います。
会計士等の初学者コース講座に入学し、ゼロから勉強する過程で簿記資格を取得しようと思っていたのですが、2級まで取得する中でまた新たな気持ちも芽生えてくるかなと。独学でやろうと思ってますが、月太さんのブログまた参考にさせて頂きます^^

アドバイスを頂いた③について、とても月並みですが、プロフェッションとして高収入を得て、かつ誰かのためになっているということを実感しながら日々を過ごしたいと思っているのだと思います。その為の手段の一つとして、自己啓発の為に証券アナリストの他、様々な資格に挑戦してまいりましたが、どれもそこまでの説得力を持つものではない。社会的にも地位を確立し、かつ前述のように思い描く生活をするためには、もっと説得力を持ったスキルが必要で、それが私にとって会計士であったり、税理士であったりするのかと思います。今以上に上に行くためには、圧倒的なスキルが必要かと痛感しています。挑戦することに美学を持っているだけなのでしょうか。。何かよく分からない文章になってしまいました(笑)

まず簿記をやろうかと思います。その上を目指すからには、3級も2級も100点を取る気持ちで勉強しよう、そんな気持ちです。

よし

投稿: よし | 2010年6月15日 (火) 11時15分

よし様。こんにちは。月太です。

左様でございますか。ステップアップして自分を磨くのは非常に共感できます!!私も資格試験を目標にがんばることで、日々の充実を図っている所存です。

よし様も会計士、税理士に向けがんばってください!!私もさらなる資格を目指しがんばります!!

よろしくお願いします。

資格月太

投稿: 資格月太 | 2010年6月16日 (水) 11時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券アナリスト 2次試験について:

« 親友が^^ | トップページ | みなさんのお力をお借りしたいのですが・・・ »