« 証券アナリストの書き込み・・・ | トップページ | きょうもざんぎょ~♪ »

証券アナリスト試験について

こんにちは。月太です。

さて、本日もアナリストネタを少々。

アナリストは、ほかの資格と違う特徴があります。先日もお話しましたが、問題が難問にも関わらず合格率が高いことです。

通常の資格の場合、問題が難しいなら、得点率が下がり、簡単なら得点率が上がるのです。しかし、アナリストは、裾野を広げる趣旨なのかわかりませんが、合格率は高いのです。

これは受験者にとってはかなり有利です。難問がかなり占めていますから、仮に10問あると、3問が難問、残りが解ける問題であれば、残りを解ければ良いわけです。

いわゆる埋没問題を切り、確実に得点できる所を落とさない学習が、合否を左右するのです。

初学者の方は、特にこの点を見逃しがちです。難問が解けないと合格できないのではなく、簡単な問題が解けないと合格できないということを肝に銘じてください^^

資格月太

|

« 証券アナリストの書き込み・・・ | トップページ | きょうもざんぎょ~♪ »

証券アナリスト勉強法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券アナリスト試験について:

« 証券アナリストの書き込み・・・ | トップページ | きょうもざんぎょ~♪ »