宅建勉強法

日経2012年2月20日の記事

こんにちは。月太です。

今日は、中学校入試を受験する小学生でも行っているということをご紹介。

内容としては、「やさしい問題から解くことの効用」です。

入試のテクニックとしては、優しい問題から順に解き、難しい問題は敬遠し、場合によっては捨てると言われています。

こうすることで、優しい問題の失点を防ぎ、合格点を積み上げることができます。

資格試験も同様で、やさしい問題から解けない人はまず落ちますね。

しかし、これだけではありません。日経の記事によれば、数学で実験をしていたのですが、数学の得意なAさんと若干不得手なBさんに問題を解いてもらいました。

最初、両者とも同じ問題から解き、同じような解き方をしていました。両者とも時間一杯問題を解き、採点をしてみると、Aさんが90点、Bさんが70点でした。

それでは、どこに問題があるのでしょうか?実力的には数学が不得手なBさんも優秀であり、解けない問題ではなかったのです。

しかし、AさんとBさんの決定的な差は、最初の簡単な問題を解いてすぐ解答用紙に書くか書かないかでした。Bさんは解き終わったあと、すぐに解答用紙に写し、Aさんは簡単な問題をじっくり解いていたのです。なぜ簡単な問題をじっくり解くのか?

Aさんいわく、「そうすることで、後ろの難しい問題を解く助走ができるみたいで・・・」

としています。私と表現は違いますが、同じことを言っています。

資格試験の時間が2時間であるとして、2時間という枠はみんな同じです。ところが、開始から10分経過後、20分経過後、30分経過後では、まったくことなる時間になります。

それは、難問から解いた人が、30分経過して全く解けていない状態と簡単な問題から解いた人が30分経過して自信をもって30分ぶんの問題を解けている状態では、

「気持ち」

が違うのです。すると、脳はその安心感から、次に難しい問題へスムーズに進めてくれます。もちろん、脳の仕組みを知っているわけではありませんので、感覚的なものです。

しかし、30分経過したときに焦っている人と、自信をもっている人ではどんなに能力が高くても得点できないというリスクが前者に生じることはわかりますね。

ですから、Aさんの表現としては「助走」としていますが、私的には「安心」であると考えています。

月太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(σ・∀・)σゲッツ

いきなりの忘れないでね(by CM)からスタートしましたが、こんにちは^^月太です。

最近、毎日更新して皆さまのお目に触れることが多くなったせいか、ブログランキングも上位になってきました^^vこの場をお借りして厚く御礼を申し上げます。

さて、今日はひさしぶり~というか1年ぶりくらいでしょうか、宅建のネタを少々・・・

資格カテゴリの上位をみると、宅建のブログが上位を占めています。やはり、20万人の受験者がいるということは、それだけアクセスも多いということなのでしょうね。

宅建を受験したとき意識したことは、全て法律に基づいているところです。法律は、国民を制約するルールですから、当然、必要のない法律は改正されるか廃止されるということです。裏を返せば、法律があるということは、ない場合と比較して不具合を解消することができるということです。

つまり!!法律は必要だからある、法律には必ず趣旨があるということなのですね。よく、大阪市長に当選された橋下弁護士は、この法律の趣旨は・・・という言葉を使います。趣旨とは、なんでこの法律があるのかという理由なのですね。

宅建に出題されるのは、法律です。そのため、法律の趣旨を捉える必要があるのです。

ただ、膨大な量の法律全部の趣旨を捉えるのは得策ではありません。そのため、どうしても覚えられない箇所の場合に、どうしてその法律があるのかを考えました。ごろ暗記でも良いのですが、ごろ暗記ですと、実務についたときに忘れてしまう可能性があるので、基本的には避けます。

前にも記載しましたが、宅建のテキストは基本的に薄いテキストを選び、問題集は項目別の過去問集でした。やはり、最適な問題集は過去問です。しかも、テキストの全てを一読したあとに解くのではなく、項目が終わったごとに解きました。忘れてしまいますので。

資格月太のブログはニッチなブログなので、宅建についてはあまり記載していません・・・

宅建だけでブログが出来上がるには、あと1年くらいかかりますかねぇ・・・あきっぽい私には無理です(*_ _)人ゴメンナサイ

ただ、ご質問があれば、コメントいたしますので、気さくな感じでお声掛けください^^v

資格月太

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日はひさびさに宅建ネタを・・・

こんばんは^^v

月太です。

10月に宅建の試験がありましたが、私の後輩が受験しました。

私が当ブログを書いているのは、会社の中で内緒にしているので、紹介することはしません・・・。ま、宅建は、他の証券アナリスト、中小企業診断士、システム監査技術者ほど記載をしていないので参考にはならないかもしれませんが・・・

しかも、毎年タイミング悪く、私がうつ病になり書き込みが少ない・・・

(´・ω・`)ショボーン

彼は8月から勉強を始めて、見た目勉強しているように見えませんでした。しかし、本人は勉強をかなりしていると豪語してました。

ま、話を聞いてるとわかりますが、合格できませんね・・・

なぜなら、勉強をしている!!と豪語する時点でアウト。自慢するものではありません。勉強、特に資格試験は自己研鑽の要素が強いですから、勉強をしていること自体を自慢しても仕方ないのですね・・・

結果は50点中25点だったそうです。

私としてはまずますできたほうではないかと感心したのですが、彼はもともと法学部でしかも民法ゼミだったので、民法で得点したみたいです・・・

宅建のブログやHPはかなりあるので、参考にしてもらうといいかもしれません。本当は事細かに説明したいのですが、何分、来年のことですので、時期をみて、しかも、鬱にならないようにしてカキコしたいとおもいます。

資格月太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあさあいきますよ~^^

こにゃにゃちは。月太です。

そろそろ宅建の勉強をと思っている方へカキコします^^

宅建はいろいろなブログやサイトがありますので、最初のうちはカチカチっといろんなブログを見たほうがよいと思います。私のブログはあくまで「独学」ですので、ご容赦ください^^

また、宅建のカテゴリからの続きをカキコします^^

前回は民法についてでした。次は宅建業法です。いわゆる業法といわれる分野でして、この分野ははっきりいいまして満点か1問落としくらいでないと合格できないと思ってください。すなわち、ここでの失点は即不合格を意味するということです。

宅建の試験は民法を除くと理解力を問うよりも暗記力を問う試験です。そのため、マンモス資格の1つになっているのだと思います。つまり、覚えさえすれば合格できるということです。各分野で足切りもございませんから、暗記力に自信のある方はすんなり合格できると思います。

しかし!!

この暗記は、かなりの精度が必要です。あやふやに、ざっくり覚えているだけでは絶対に合格できません。たとえば、重要事項説明書(いわゆる35条書面)と37条書面の違いなどは絶対的に覚えるところですね^^違いじゃなくても、すべての記載事項を暗記する必要があります。1つでも落としていると1問落とすことになりかねません。そういう意味で、かなり広範囲に精度が問われる試験だと思います。

詳細は忘れてしまったので割愛しますが(コメント頂ければお調べしますけど)、とにかく、業法は①用語などを完璧に暗記する、②比較できるものは比較する(特に過去問で比較された問題)、③~はできる、~はできないなどをしっかり覚える必要があります。

あと、私が最初に苦しんだ?というか、恥ずかしながら理解していなかった点があります。すぐわかった方は笑ってください。

宅建業者と宅地建物取扱主任者は違います。

これです。(・_・)エッ....?

1回転目、この違いがわからずにちんぷんかんぷんになりました。前者は町の不動産屋さんです。保証金を積まないといけない人ですね^^後者は皆さんが目指す資格を取得して登録した方です。

この違いは初歩的ですが・・・わかりますか・・・

すんません。情けないくらいわかっていませんでした。ただ、闇雲に読んでいるだけの時代だったもので。

ということで、いろんなびっくりすることをやってのけております。そのため、単元ごとにポイントがあります。そこをクリアするとその単元は間違えなくなります。ただ、以前もカキコしましたが、とにかくたくさんの過去問にあたり、何回も解くことが重要です。どの資格試験も同じことということです^^

支離滅裂な感じになりましたが、疑問点があればコメントを頂戴できれば幸いです。

資格月太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅建 勉強法②

先ほどに続いて。宅建の各論(下記より細かいことはおいおい)。

勉強の順序について。まずは、民法、法令上の制限、宅建業法、その他の順に1回転します。とくに民法の法律用語を知らないと先に進めないので、まず、民法の法律用語を頭に入れてください。

2回転目は、宅建業法から勉強しましょう。宅建を取得するにあたり、宅建業法は9割以上の得点が必要です。というか、合格者はこの分野を確実に得点してきます。そのため、合格基準が満点近いと思ってください。そして、過去問は最低でも、完璧に解答できるように仕上げましょう。

宅建業法が終わったら、民法か法令上の制限です。次に得点しやすいのは民法でしょうか。人それぞれだと思いますが、私は法令上の制限の分野が苦手でした。やたらと広くて難しかったです。

次に各分野の留意点などを少し。

まず、民法。

民法は、①無効と取消、②善意と悪意、③過失と故意、④当事者と第三者、⑤原則と例外などの区別が重要です。ここをしっかり理解しておかないと、法令上の制限や宅建業法にも影響しますので、とくに重点的に勉強しましょう。

無効と取消を例にとると、無効は誰でも、どこでも、どのような方法でもその行為について無効と主張することができます。つまり、AさんがBさんに対して土地を売却した際に、当該土地の売買契約に無効原因があれば、AさんもBさんもCさんもDさんも、はたまたあなたも、当該AさんとBさんの契約が無効であるといえるのです。また、それは100年後であろうが200年後であろうが(忘れてしまっているとおもいますが)、無効と主張できるのです。そして、無効は契約当初から効力がなく、契約が名目上成立していますが、実質は効力を有していないのです。
対して、取消は無効と異なります。AさんとBさんとの土地の契約に詐欺などの取消原因があった場合に、原則として、詐欺を受けた当事者のみが主張することができます。ですから、AさんがBさんから詐欺を受けたとするとAさんのみが当該契約を取り消すことができるのです。Bさんからは取消すことはできません。そりゃそうですよね。詐欺行為してる本人なのですから。

このように、民法は用語を確実に理解する必要があります。この理解がおろそかになっていると、宅建でひねられた問題(例年3問くらいは出題されてます)に対応できなくなってしまいます。民法の重要な点は、「誰を保護するか?」にあるのです。

続きは、お昼休みがなくなってきたので、次回にします。

資格月太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅建 勉強法①

こんにちは。月太です。

本日は、宅建のお話。宅建の資格は択一で4択なのに異様に難しく、また、不動産業界の必須資格になっています。宅建業を営む業者は、その事業所に宅地建物取引主任者を設置しなければなりません。この宅地建物取引主任者は、宅建に合格した者が一定の手続を経てなるのです。そのため、需要が高い資格、価値のある資格であるといえます。
昨年度26万人もの申込者がおり、そのうち、3万人もの合格者が輩出されています。受験者数は全ての国家試験の中でもトップクラスです。自分に目標がなく、毎日が単調であると思っている方は、ぜひこの宅建に挑んでみてください。通常6ヶ月くらいかかるといわれますが、それは概ね平均であって、個人に依存する部分が強いです。

私が宅建を勉強してた時代のお話を少しします。

私は、4つのカテゴリ(権利、法令上の制限、業法、税法その他)に区分して、その区分が終わるごとに過去問集を解きました。全部終わってから過去問集を解くと最初の単元がわすれているため、全く過去問をとくことができず、モチベーションが下がるためです。また、権利の中の例えば、1章ごとに過去問を解いてもよいのですが、時間がかかりすぎてしまうために最後まで終わるのが1ヵ月後などという状況にもなりかねません。

そのため、4つの単元をなるべく早く終わりにし、過去問を解くことに重点を置きました。この方法は上記の折衷案です。そして、過去問を解き、解説を読み、わからない箇所はテキストに帰り、テキストに載っていない点はテキストに書き込みしました。

この繰り返しを10月3週目までやることになります。私の経験では10回転もすれば確実に合格できるのではないでしょうか。全くわからなくても、回転数をこなすことで、他の分野とのヨコの連携がとれ、全体像が見えてくるからです。

そうそう。昔、わたしがカフェで勉強をしていると、宅建を勉強されている方がおりました。どうやら独学のようです。

この方にアドバイスと言っては上から目線ですので、僭越ながら少々。市販されている宅建の本は分厚いものがほとんどです。それを頭ごなしに読んでいても埒があきません。しかも重いですよね。カバンにいれるの。ですから、細かく切ってしまいましょう。これはよく私がやる方法(現在、情報セキュリティはやってます)なのですが、分野ごとに本や問題集をきってしまいます。そして、今日はこれ!!みたくすると、その部分は終わったと思えるので効果的です。

人間は、終わらないと思うと途端に効率が悪くなります。そのため、広い範囲である宅建を効率よく勉強するために、一度テキスト・問題集等を切ってみてはどうでしょうか?ま、人それぞれですので強制はしませんが。。。

あと、読んでるだけでペンを持っていない方でした。これはマイナスだと思います。読んだ箇所に日付やわからないとこに?印をつけるなど、何かしら読んだ証を残さないと、再度読んだときにまったく読んでいない印象になってしまい、非効率です。

今回は、自分の心の面に焦点を当ててみました。独学で勉強されている方も専門学校に通われる方も、自分の心の変化に焦点を当ててみてはどうでしょうか?

資格月太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてカキコ → 宅建 独学の参考書

こんにちは。月太です。

宅建についてカキコします。実は、もうひとつ宅建専用で同じようなブログを立ち上げたことがあったのですが、2つ管理する時間は到底なく、こちらに移動させていただきます(笑)。ですから、こちらでカキカキします。

宅建は合格証書にも書きましたが、独学で取得した最初の資格です。正直、独学で宅建を取得できるかどうかはかなり不安でした。

通常、さまざまな専門学校を利用して合格する方がほとんどでしょうから、実際に独学で取得される方は3割くらいなのかなぁと思っています。

まず、最初に本屋さんに行きました。そこで見た光景は今でもわすれません。あるはあるはの本の山。こんなに種類があるのか・・・と思いました。そこで、最初は分厚い本をぺらぺらとめくっていきました。でも、数秒で却下。ここでは具体名をあげられませんが、正直分厚い理由は簡単。1ページに占める割合が少ないからです。1つの項目を説明するのに2、3ページ費やしていました。

次々に本を見ていくと、ある本に出会いました。その本は全部で300ページくらい。名前は・・・忘れてしまいました。確か東西社?かなんかから出版されているものです。すいません、本当に忘れてしまいました・・・思い出したらカキコします。

この本の良さは、重要分野ごとに見開きで終わっている点です。つまり、開いたページで完結しているので、視野の範囲に収めることができ、全体をとらえやすい構造になっているのです。また、2色刷りで内容が凝縮されており、非常に読者への配慮が利いた構成になっています。

次に問題集ですが、他の資格同様、過去問です!!。LEC(東京リーガルマインド)から出版されているいわゆるウォーク問です。これも絶賛。コンパクトにまとめられており、表裏で問題解答形式になっていますから、電車の中でも解ける優れモノ。ま、いまの過去問集はみんなこんな感じの形式になっていますから、ここで差はつかないのですが・・・。さらに、解説がわかりやすい!!テキストで悩んだところがズバッっと書いてあります。

以上です。

私はこれだけしかやっていません。ただし、ウォーク問は10回転以上しています。最初の独学ということで気合いが入っていたのもありますが、とにかく勉強しました。

7月から初めて3カ月半の期間でしたが、かなり濃密な時間を過ごせました。宅建の問題は非常に難しく、4択しかないのに間違えるという恐ろしい資格です。大体、合格点は50点満点の人なら33から35くらい取れれば合格できますか。

私は縁起の悪い42点でした。

もうひとつ。

ブログの右端に十影響の宅建スーパーWEBサイトをお勧めしております。このサイトはすごいです。何がすごいかというと、当たります。試験委員がサイト運営しているのかと思うくらい当たります。

宅建には必ず1から2問、白書からの出題があるのですが、これは勉強の費用対効果が悪いので勉強してませんでした。しかし、このサイトに直前、アクセスすると、○○が危ないよ~んみたいに書かれており、そこだけ読んだら取れました。他にも宅建の問題が満載でして、このサイトは宅建受験生には必須だと思います。

宅建の勉強法の詳細については後日。

資格月太

| | コメント (0) | トラックバック (0)